FC2ブログ
ゆうブログケロブログトップ使用中

フランス旅行記2014その6。

PC111097.jpg 
やあやあ。どもども。
ゆうです。
ゆうブログへようこそ。
m(_ _)m 夜露死苦♥。

パリ旅行記最終回、
六~七日目です。

朝食は『PAUL』のクロワッサンなど。。。
PC111080.jpg 

PC111081.jpg 
左岸『Canal Académie』前と
右岸『Louvre』前に架かる、
『ポンテザール』
前回少し触れた”愛の南京錠”で有名な橋です。
ナポレオンの命令によって架けられた、
パリ最初の金属製の橋だそうです。
歩行者のみ通行できる美しい橋です。

この日朝イチで向かいましたのは、、、
PC111084.jpg 
『ルーヴル美術館』です。
ルーヴル城(ルーヴル宮殿)全てが、
美術館であり規模も展示数、認知度、
それに来場者数も間違いなく、
世界最高級の美術館であり、
それ自体が最大級の史跡でもあります。

入り口がこのガラス張りの『ピラミッド』、
周囲とはあえて異質であり、、、
モダンなピラミッドが衝撃的!
ここから入場し地下からルーヴル美術館
の中へと進みます。。。

まずは『リシュリュー翼』から、、、
ルートや見どころ順路など、
映像や音声で解説してくれる
iPhoneのアプリがかなり使えます。
ルーブルに行かれる方、、、
絶対にオススメです!
容量デカイですがね。
6-1.jpg 
ルーブル城(宮殿)自体が素晴らしいですし、
様々な時代や地域の美術品に圧倒されます。
トップ画像は『ミロのヴィーナス』、
200年ほど前からルーヴルにあるようです。

『サモトラケのニケ』(紀元前190年頃)↓(上段中央)
6-2.jpg 
このブログのフランス旅4、
ヴェルサイユ宮殿の回でもご紹介した、
ナポレオンの『戴冠式』も。。。
 
ご存知、レオナルド・ダ・ヴィンチの、
『モナ・リザ』もあります。
PC111122.jpg 
修復工事の現場↓
PC111117.jpg

6-3.jpg 

6-4.jpg 

PC111188.jpg 
メソポタミア文明の象徴、
『ハンムラビ法典』↓
6-5.jpg 
紀元前18世紀!
ハビロン王による世界最古の法令集、、、
「目には目を、歯には歯を」ってやつですね。
6-6.jpg 
古代エジプトや、
古代オリエントなど、
本当に貴重な展示です。
PC111232.jpg 

6-7.jpg 
ぐるーっと一周、
お腹いっぱいです。。。

お楽しみのランチは、、、
ルーヴルピラミッド脇の、
『Le Cafe Marrly(カフェマルリー)』で、、、
6-8.jpg 
クラブハウスサンドウィッチ
カフェヴィエノワ
オレンジジュース
サンドウィッチは無茶苦茶うまかった。
パンの種類も、厚みも、焼きも、
具とのバランス、ボリューム、
その美しさも絶妙や~。

そしてパンについてくる、
『ECHIRE(エシレ)』の発酵バター、
これが美味い!
100年以上の伝統を持つ、
最高品質のバター、、、
世界中の上流階級、
三ツ星レストラン、
一流パティシエに愛される一級品。
日本で買うと高いですよ~。


そのあとはパリのファッションの
中心となるエリアを散策。。。
『パレ・ロワイヤル』↓
元々は王宮ですが、
現在はお洒落なお店が多く入る、
パリでも注目の場所です。
『Cafe Kitsune』もありますね。
6-17.jpg 
↑下段からはパリファッションの中心、
『サントノーレ通り』です。
お気に入りや憧れのブランドがたくさん。。
『colette』はパリ随一のセレクトショップです。
他にもフランスのブランドを中心に、、、
イタリア、イギリス、スウェーデン、
最後のAesopはオーストラリアですが、
注目のショップが立ち並んでいます。
6-18.jpg 
パリの『オペラ座』↓
6-15.jpg 
ここでいつか本場のオペラやバレエを
見てみたいものです。
PC111307.jpg 
下から見た『ポン・デザール』↓
PC111311.jpg 
最後にセーヌ川ほとりを歩いて、、、
PC111310.jpg 
パリともお別れです。

ホテルからタクシーを呼び、
『CDG』へ。。。
6-13.jpg 
1時間遅れで出発し、
ビューンと再び12時間。

帰って参りました、羽田空港。
空港内の『せたが屋』でラーメン。。。
やっぱり美味い、、、
ジャパニーズソウルフード!
出汁だな。。。
ビールも格別。
6-14.jpg 
と言うわけで、、、
フランス旅行記全6話、
完結でございます。

ほんと良かった素晴らしかった。
初めてのフランスでしたので、
かなり密度濃く周りましたが、、、
今度はもう少しゆったり、
パリでの生活を楽しみたいな。

絶対また訪れたい、帰りたい場所、
そんな場所が増えて困りますが。。。

長らくお付き合いいただき、
ありがとうございました~。

ではでは。
またね~。

フランス旅行記2014その5。

PC111076.jpg 
やあやあ。どもども。
ゆうです。
ゆうブログへようこそ。
m(_ _)m 夜露死苦♥。

フランス旅行記も終盤、、、
5日目のおはなしです~。

朝食はいつもどおり。。。
PC100877.jpg 

PC100880.jpg 
この日はオルセー、、、
の前を下りまして、
公共鉄道『RER』に乗り込み、
向かうは、、、
5-1.jpg 
(↑駅、電車の写真は帰りやマレ地区に
向かう分も含まれています。)

↓でーん。
小雨に、もやがかかったあいにくの天気ですが、
鉄の女、『エッフェル塔』です!
PC100897.jpg 
根元まで行きまして、、、
脚の部分を斜めに上がるエレベーターで、
第二展望台までビューンと昇ります。
5-2.jpg 
展望台から眺めるパリのパノラマは、
まさに絶景!!
PC100931.jpg 

PC100941.jpg 
再び『RER』に乗り、
『地下鉄』に乗り換え、
『マレ地区』に、、、
5-3.jpg 
ランチはタイ料理店『mai thai』で。。。
パリではタイ料理店を多く目にします。
日本料理店はいかにもな、
ダサい店構えで、、、
大丈夫なのってお店が多いですが、、、
タイ料理店はどこもスタイリッシュ。
PC100972.jpg 
トムヤムクン、グリーンカレー、チャーハン、、、
久々に口にするアジアンフードが、
妙に美味い!
5-4.jpg 
マレ地区をぶらり。。。
5-5.jpg 
お洒落なセレクトショップ『merci』は、
クリスマス前でかなり混みあっていました。
マレ地区は、現在若者で賑わう、
お洒落スポットでもあります。

『カルナヴァレ博物館(美術館)』
5-6.jpg 
中世の貴族の館で、パリの歴史に関する、
膨大な資料が展示されています。
150個もの部屋があり、
それはゲームのダンジョンさながら。。。
家の中で行方不明になれます、
家出、出来ます。
5-7.jpg 
細い路地もいい感じ。。。
歩いてサン・ジェルマン・デ・プレの
”自宅”(ホテルね)まで帰ります。
5-8.jpg 
↑ノートルダム大聖堂(寺院)裏側、
愛の南京錠でいっぱいの、
『アルシュベシェ橋』です。

『愛の南京錠』と言えば、
このシテ島の反対側の先にある、
『ポンデザール(芸術橋)』が有名ですが、
このアルシュベシェ橋も南京錠でいっぱいでした。

カップルで名前を書いた南京錠を、
橋の欄干に取り付け、、、
その鍵はセーヌ川に投げる。
すると永遠の愛が叶うんだそうな。。。
PC101025.jpg 
パリの街でよく見かける古本の露天商、、、
『ブキニスト』

部屋に戻って休憩し、、、
この日のメインイベント、
ディナーにタクシーで出かけます。

向かうは午前中RERで訪れた場所。
夜のエッフェル塔付近。

かなりの渋滞で時間もお金も
ロスしつつ、、、
目的のレストラン、
『LES OMBRES(レゾンブル)』へ。
『ケブランリ美術館』の最上階にあります。
PC111077.jpg 
↓全面ガラス張り、、、
鉄骨はエッフェル塔をモチーフとした、
なんとも素敵なレストラン。
PC111045.jpg 
美しいエッフェル塔を目の前に、
お食事が楽しめます!

トップ画像は夜、ライトアップされた
エッフェル塔ですが、、、
日没後、毎時00分から5分間だけ、
キラッキラに輝く特別な演出が。。。

それが、
『シャンパン・フラッシュ(ダイヤモンドフラッシュ)』です↓
PC111069.jpg 
ちょっと失敗なんですが、、、
動画もあります↓
オートフォーカスが行ったりきたり。。。
マニュアルで固定したほうが良かったです。
ピントがいい具合な瞬間もありますので、
是非ご覧ください。。。

ディナーはこんな感じ↓
5-9.jpg 
蛸と貝のパスタリゾット風
ポーチドエッグセップ茸ヘーゼルナッツソース
マグレ鴨洋梨ソテー添え
鶏肉のロティ
ショコラムース
ピスタチオとチェリーのシャーベット
コーヒー

贅沢でロマンチックなひとときを
過ごすことが出来ました~。

PC111078.jpg 
帰るとロビーには、
この日設置、飾りつけをしていた、
大きなクリスマスツリーが、、、
ちょっと遅いね。
発注遅れて混んじゃったね。

パリ旅行記も残すところ、
あと1回。。。
最後まで見てね~。

ではでは。
またね~。

フランス旅行記2014その4。

PC090547.jpg 
やあやあ。どもども。
ゆうです。
ゆうブログへようこそ。
m(_ _)m 夜露死苦♥。

フランス旅4日目です。
いつもどおり早起きし、
朝食は”自宅”で。。。
スーパーで売ってるヨーグルトが、
異常にうまい。
PC090477.jpg 
早朝、、、、
といっても8時ちょい前ですが、、、
出発します。

この時期のフランスは日の出が、
9時ちょい前ですのでまだ真っ暗。
PC090480.jpg 
ホテルすぐ近くの素敵なお店、
『FASHION FOR FLOORS』。。。
絨毯やフローリングなど、、、
床をコーディネートしてくれるショップのよう。

日の出前のパリを歩いて、、、
二日めに続き、『Emi TRAVEL』へ。
4-2.jpg 
ちなみにこの時期の日の入りは、
夕方17時頃ですので、、、
日本に比べ日照時間が
かなり短いですね~。



この日の目的地はと言いますと、
パリから程近くではあるんですが、、、
『ヴェルサイユ宮殿』です。
宮殿と、ヴェルサイユの市場(マルシェ)
を周る半日パックです。。。

Emiバスで1時間ほどで到着。
では、ヴェルサイユ宮殿をどうぞ~。
写真中央は金色に輝く中央門。
トップ画像が鏡の間(回廊)です。
4-3.jpg 
贅の限りが尽くされた宮殿。
まさにフランス芸術の粋を極めた、
絶対王政のシンボルです。
元々はルイ13世が狩猟用の館として
この地に築いたものですが、
ルイ14世が政府と宮廷をここに移し、
巨大で豪華絢爛、、、
権力の中枢となるヴェルサイユ宮殿を
築き上げたのです。。。
PC090563.jpg
↑ 王妃の寝室。
脱出用の隠し扉があります。
実際、マリー・アントワネットは、
暴徒が侵入した際ここから
逃げたと言うことです。
PC090590.jpg
ナポレオンの『戴冠式』を描いた歴史画です。
ルーブル美術館にも同じものがあります。
同じ画家による複製ですが、
全く同じに複製することは本人であっても、
許されていないと言うことでびみょ~に
違うんですよ、、、妹のドレスの色がね。
4-4.jpg 
宮殿と同様に重要視された庭園は、
先が見えないほど広大で美しいものです。 
作るのも管理するのも莫大な時間と
お金がかかったんでしょう。。。
PC090618.jpg 
先も、周りも、ずーっと庭園。


ヴェルサイユの街も素敵です。
4-5.jpg 

PC090634.jpg 
↑Bassin de Neptuneから見る宮殿。


ヴェルサイユのマルシェをぶらり。
常設の市場の外には仮設の市場(マルシェ)
が広がります↓
PC090647.jpg
果物から、、、
PC090642.jpg 
野菜やチーズ、肉に惣菜、
スパイスやパンにガレット、
何でも売っています。
ここはテンション上がりますよ~。
4-6.jpg 
↑中央はガレット、そば粉のクレープです。
ハム&チーズのガレットをいただきました。
これがうんまいのなんの。。。
4-7.jpg 
魚介も、ハムも、お菓子もあります。


またバスで一時間かけて
パリ戻ります。。。
4-8.jpg 
オペラにある二大デパート、
『ギャラリーラファイエット』と、
『プランタン』をちらっと見て、、、

ジャックマールアンドレ美術館に。。。
銀行家のエドゥアール・アンドレと、
その妻で画家のネリー・ジャックマール
の邸宅がそのまま美術館になっています。
つまりは個人宅なんですが、、、
PC090756.jpg
とんでもない邸宅です。
王様かってな。。。

二人の集めた美術品は素晴らしいのですが、
それもそのはず、当時二人が美術品の収集に
あてていた年間予算は、、、
ルーブル美術館を上回っていたとか。
ひょえ~。
4-9.jpg 
中にあるサロン・ド・テ(ティーサロン)で、
紅茶とケーキをいただきました。
4-10.jpg 
なんとも優雅なひと時ですが、
紅茶は、、、
美味しくない。。。
小さいティーパックに、(ってティーパックかよ。)
ポットには、なみなみと注がれたお湯。。。
もちろん十分な蒸らし時間を置きましたが、、、
当然薄い。
味ない。。
少し香りのついたお湯。。。


気を取り直して歩くは、コチラ。
4-11.jpg 
ご存知、凱旋門です。
PC100765.jpg 

PC100773.jpg 
なにやらちょうど国家イベントが
行われるところらしく、、、
近づけず、登れず。。。

軍楽隊が整列し、
フランス国歌の生演奏。
黒塗りの車からたぶんお偉い方が、、、

↓見守る市民と観光客。
PC100774.jpg 
ここから、”世界で最も美しい通り”、
『シャンゼリゼ通り』を歩きます。。。
4-12.jpg 
広くてまっすぐ、確かに美しい。
ルイ・ヴィトン本店、デカイ!
日も暮れてきまして、
ちょうどクリスマスイルミネーションも
点灯しはじめます。
4-13.jpg 
白い仮設の店舗がたくさん並びます。
この時期限定の、『クリスマスマーケット』です。
PC100824.jpg 
おーシャンゼリゼ~♪

PC100838.jpg 
↑『コンコルド広場』
この時期は観覧車も設置され、
華やかな印象ですが、、、
ルイ16世やマリーアントワネット他、
2,600人もの人がギロチンによって
処刑された場所でもあります。
PC100842.jpg 
↑『カルーゼル凱旋門』、、、
凱旋門といえば先にも紹介しました、
『エトワール凱旋門』ですが、、、
こちらのカルーゼル凱旋門と、
『グランダルシュ』(←凱旋門ではない。)
が”パリの3つの門”です。
PC100849.jpg 
↑夜のルーブル美術館入り口『ピラミッド』
PC100850.jpg 
↑奥に見えるのが『カルーゼル凱旋門』です。



そしてこの日のディナーは、、、
PC100876.jpg 
『ブキニスト』
PC100875.jpg 
三ツ星レストラン「ギイ・サヴォワ」の、
セカンドラインのレストランです。
4-14.jpg 
(左上から)ビール、カボチャのスープ、フォアグラ、
白ワイン、牛頬肉の赤ワイン煮、タイとマテ貝のソテーです。

スタイリッシュな感じ、、、
ちょっと狭くややカジュアルな感じ、
ですがやはり料理は素晴しいです。

フォアグラに、、、
ホロホロの牛頬、
たまりませんな。

濃い一日。
今日はここまで。。。
まだ続くよ~。

ではでは。
またね~。

フランス旅行記2014その3。

PC080352.jpg 
やあやあ。どもども。
ゆうです。
ゆうブログへようこそ。
m(_ _)m 夜露死苦♥。

フランス滞在三日目です。
部屋から見たホテル中庭↓
PC080337.jpg 
この日は近所をぶらり。
宿泊しているホテルは、
サン・ジェルマン・デ・プレ地区。
セーヌ川が目の前に流れます。
その中州にはパリ発祥の地 『シテ島』が、
並んで 『サン・ルイ島』が浮かびます。

まずはシテ島の我らが貴婦人、
『ノートル・ダム大聖堂(寺院)』へ。
聖母マリアに捧げられた教会は、
初期ゴシック建築の最高傑作!
巨大なのに精緻、スゴイ!
大きなクリスマスツリーも
小さく見えますね~。
3-1.jpg 
中の様子は、、、
ステンドグラスや、柱、彫刻、
全てが美しく壮大です。
3-2.jpg 
中は小中高校生でびっしり。。。
ちょうどミサが始まるところでした。
地域の児童や生徒たちの、
合同クリスマス礼拝でしょうか。

ノートルダム大聖堂で、
学校行事のクリスマス礼拝なんて、
なんだか物凄いですね。。。
やっぱり、「あーたりぃ~」とか
思ってるんでしょうか(笑。


サン・ルイ島に渡って、、、
3-3.jpg 
常に行列が出来るほど大人気で、
名物のアイスクリーム屋さん、、、
『ベルティヨン』
本店に行くもお休み~(泣。

サン・ジェルマン・デ・プレ地区に戻って街歩き、、、
3-4.jpg 
パリのカフェで最も有名な老舗であり、
カフェ文化発祥のお店が並びます。
↑ はカフェ『ドゥ・マゴ』。
ピカソや、ヘミングウェイも通ったそうな。。。

そしてすぐ隣には、
もうひとつのシンボル的な高級カフェ、
『フロール』があります。
PC080413.jpg 
フロールでランチすることに。。。
一階席は込み合っていましたが、
通された二階席はまだ余裕がありました。
3-5.jpg 
ここの『クロックムッシュ(左下)』が、
忘れられない美味しさ。
盛り盛りのチーズがうまいのよ。

『サン・ジェルマン・デ・プレ教会』
PC080424.jpg 
中は、、、
3-6.jpg 
そして、『サン・シュルピス教会』
PC080441.jpg 
中は、、、
3-7.jpg 
一つでもあったら街のシンボルになる、
一大観光スポットで客が呼べる、、、
そんな感じで、
歴史的にも、
建築的にも、
美術的にも、
素晴らしく立派で美しい教会や建物が、
そこら中にゴロゴロある衝撃。。。

ぶらぶらと辿り着いたのは、
世界最古の百貨店、
『ボン・マルシェ』 ↓
3-8.jpg 
少しだけお土産を買いました。

サン・ルイ島で食べ損なったんで、、、
アイスクリームを。。。
『ルバックアグラス』で。
3-9.jpg 
ピスタチオとキャラメル
キャラメルがすこぶる美味い。

エルメスのショーウィンドーが
やっぱり素敵。
PC090467.jpg 
人気のカフェ↓
3-10.jpg 


この日は”自宅”でまったりディナー。
近所のカルフールマーケットで、
シャンパンや生ハム、チーズに、
マッシュルームなどなど買い込んで。。。
3-11.jpg 
キッチン付き素泊まりのアパルトマン宿、
やっぱり魅力ですね~。
完全にhome!
もう自宅!
すっかりパリジャン、
すっかりパリジェンヌ、、(笑。


今日はここまで。。。
まだまだ続きます。

ではでは。
またね~。

フランス旅行記2014その2。

PC080332.jpg 
やあやあ。どもども。
ゆうです。
ゆうブログへようこそ。
m(_ _)m 夜露死苦♥。

フランス旅二日目イキマス。。。
朝食は前日カルフールマーケットで
買ったものを中心に。。。
PC070141.jpg 
サン・ジェルマン・デ・プレ地区のホテルから、
歩いてパレロワイヤル近くの、
『Emi TRAVEL(エミトラベル)』へ。
2-1.jpg 
この日はパリの観光会社が企画する
ツアーに参加しました。
Emi TRAVELは、
日本人による日本人向けの観光会社。
日本語が通じるのはもちろん、
日本流のサービス、おもてなしが
受けられます。

今回ツアーを申し込んだのは、
自力ではまず無理な場所だから。。。

距離にして370km、
東京-名古屋間ほどあるその場所、
二日目の目的地は、、、
世界遺産『モンサンミッシェル』です。

Emi TRAVELのバスで
ビューンと楽に行けちゃいます。
PC070172.jpg 
途中”ノルマンディーのいなか村”に立ち寄ります。
『ディーブ・シュール・メール村』
古きよきフランスの温もりある村です。
お洒落なバーでランチをいただきました。
2-2.jpg 
トマトジュース(ミニッツメイドのトマトジュース!?)、
ハムとチーズのオムレツ。(←無茶苦茶うまい)

可愛い町並み、
お洒落なバー、
ロックなお姉さん、、、
なんだか日本で想像する”いなか村”とは、
かけ離れた印象ですね~。
2-3.jpg 
小さな村にも大きく立派な教会があります。

休憩も済んで再びバスに乗り込み
レッツゴー。

しばらくすると目的地モンサンミッシェルの
シルエットが!!!!!
晴れていればくっきり見えるのでしょうか?
PC070189.jpg 
いよいよモンサンミッシェルへ。
PC070192.jpg 
はじめてその存在を知ったとき、、、
なに!?現実?
CGじゃん。
ドラクエじゃん。。。
なんて思いましたが、、、
そこはやはり本当に存在し、
その場所に来ていることが
ホント感激でした~。

カトリックの巡礼地、
”西洋の驚異”
”聖ミカエルの山”
モンサンミッシェルです。
2-4.jpg 
島、城壁の中は小さなお店、
レストランやホテルが立ち並びます。
2-5.jpg 
708年大天使ミカエルのお告げにより、
司教オーベルが聖堂を建てたこの地。
増築、改築が重ねられ、
様々な建築様式が混在する修道院。
13世紀頃には、ほぼ現在の様子
だったと言うから驚きです。

では、修道院内部の様子をどうぞ。
2-6.jpg 
また、修道院として現在も聖地と
なっている訳ですが、、、
暗い歴史もあったそうです。
百年戦争では、英仏海峡の要塞として、、、
フランス革命の際には修道院は廃止され、
監獄として使用されたとか。。。
再び修道院として現在のような
特別な場所に戻ったのが、
1865年というのですから、
暗黒の時代が相当長いですね。
PC080223.jpg 
メルヴェイユ(驚異)!
PC080227.jpg 

PC080235.jpg 

PC080242.jpg 

PC080273.jpg 
ゴシック様式や、ロマネスク様式が混在。
2-7.jpg 
突然の工事現場。。。
ローテーションで少しずつ
修復工事をしているようです。
2-8.jpg 
いろんなところから見る
修道院のてっぺん。

このあたりで日本人の若者が、、、
「モンサンミッシェル、やべえ」って
叫んでいました。
かなりバカっぽいですが、、、
気持ちは同じでしたね。
PC080296.jpg 
教会もあります、
サン・ピエール教会です↓
2-9.jpg 
入り口にはジャンヌダルクの像。
等身大!?らしいです。
ジャンヌ・ダルクもまた、
大天使ミカエルのお告げで、
百年戦争に参加しフランスを勝利に
導いたんだとか。。。
18歳で亡くなっているそうですが、
18際の女の子にそんな力、、
カリスマ性があったんでしょうか。。。
PC080318.jpg 
日没、
モンサンミッシェルから見る海。
寒い。風強い。。
晴れていればイギリス、、、
見えるのかな。。。
PC080319.jpg 
日が沈みます。
夜景も見なくてはね。

ディナーは島内のレストランで、、、
モンサンミッシェルと言えば、
ラ・メール・プラールのオムレツが
超有名なんですが、、、
かなりアレみたいなんで、、、
他で。。。
2-10.jpg 
そしたらここはここで、、、
まあ、〇ズい。。。
Emi TRAVELオススメのお店だったんですが、、、
羊肉、、、
小っさ。薄っす。硬った。キシキシ。あじ無。

心の声 ↓
「日本のジンギスカンのうまい店、
行ってこいや~~~
食ってみろやお前~
勉強さしてもらい~」

まあ観光地ど真ん中のレストラン、、、
期待したのがバカでしたね。。。
日本でもそうですもんね。



気を取り直して、、、
モンサンミッシェルの夜景です。
PC080332.jpg 
この時期はクリスマスイルミネーションが点灯しいるので、
いつもよりもっとキレイなのかも。。。


やっぱ夜まで居なきゃ駄目。
ここのホテルに泊まると、
もっといいのかもね。。。

日帰りなんでバスでパリに。。。
パリ着は23時過ぎ。
弾丸ですな。

今日はここまで。
まだまだ続きます。
ではでは。
またね~。

フランス旅行記2014その1。

PC060077.jpg 
やあやあ。どもども。
ゆうです。
ゆうブログへようこそ。
m(_ _)m 夜露死苦♥。

少し長いお休みをいただきまして、
一週間のフランス旅行に
行って参りました~。

12月6日からの旅行でしたが、
この間に撮影した写真が、、、
1,300枚オーバー!
選抜、加工、まとめにかなり苦戦。
なんとか準備完了致しましたので、
日々更新していきます。
どうぞお付き合いくださいませ~。

朝イチで出発し羽田空港へ。
飛行機はAM10:00台のANA。

最近はLCCなんかの利用も多く、
久々のブランド飛行機に興奮。
パリ(CDG)へ。
page_20141215203636346.jpg 
ビールにワインに機内食に、、、
もう飛行機からたのしたのし。
機内で見た『ドラえもん3D』では号泣。

ビューンと12時間後、
時差は8時間で、
現地時刻12月6日PM3:00台
PC070099.jpg 
空港からはタクシーで宿へ直行。

今回の宿は、、、
サン・ジェルマン・デ・プレ地区の、
アパルトマンタイプのホテル、
『Citadines(シタディーヌ)』です。
PC070100.jpg 
アパルトマンタイプとは、
食事のつかない素泊まり宿で、
キッチンや食器はもちろん、
共有スペースには洗濯機など、
設備が整えられた宿で、
旅行と言うより、、、
まるで現地で”生活”している
かのような気分を味わえる
スタイルの宿です。
長期滞在にもぴったりですね。
page1.jpg 
一週間、ここが我が家。

ホテルで荷解きをし、
少し休んで、、、
早速現地初のお食事に、
最初のディナーは、、、

ムール貝の専門レストラン、
フランスでよく目にする、
『Leon DE BRUXELLES(レオンドブリュッセル)』
ホテルの近所のお店です。
なんだかフランスのファミレス的な
紹介を見ましたが、、、
ファミリー層は皆無。
客の年齢層はかなり高めでした。
まあチェーン店でカジュアルな
雰囲気と言う意味でしょうか。
page4.jpg 
この日はお疲れだし、
初日なんで、、、
白ワインを一杯だけ。。。
PC070122.jpg 
鍋にどっさり出てきます。
ポテトもついて、
これで一人前。
ムール貝は、すんごいウマイ!
ぺろっとイッキに止まらない美味さ。

近所を少し歩いて、、、
page2_20141215205414e19.jpg 
最寄のスーパー、
『カルフールマーケット』で
食材を買い込んで帰宅。。。
PC070125.jpg 
ホテルはこんな感じ。
ロビーです↓
page3_20141215203640764.jpg 
おいしいコーヒーやホットチョコなど
FREE DRINK!おーいえ~!

スーパーで買った食材。
PC070138.jpg 
この旅のあいだ、
ブレックファーストは基本、
”自宅”で、、、
これがスタイル。


今日はここまで。。。

まだまだ続きます。
お楽しみに~。
ではでは。
またね~。

小洒落た食事、den den den。

ゆうブログケロブログdendenden (1) 
やあやあ。どもども。
ゆうです。
ゆうブログへようこそ。
m(_ _)m 夜露死苦♥。

ちょっと小洒落たお店で、
お食事会してきました。
Creative Dining 『Den Den Den』
品川グース店です。

四季折々の素材を使った創作料理と、
各国各地の美酒、“真に美味しいもの”
にこだわったお店。
水と緑がテ―マで、モダン&シンプルな、
落ち着きのある空間が心地よかったです。

トップ画像はレアな、
『八海山 泉ビール(生)』。

女子に人気の『バーニャカウダ』 ↓
高っけ~野菜スティックだな。。。
と思っていましたが、、、
ゆうブログケロブログdendenden (3)
むちゃくちゃ美味い。
初めて食べた。
お洒落だし。。。
そら人気出る。

アンチョビ、にんにく、オリーブオイルのソース。
これが物凄く美味い。
ソースは下から温められ、
生野菜をディップ。
おかわりしちゃった~。
ゆうブログケロブログdendenden (2)
生ハムに、
もちろんワイン(白)はボトルで。。。
ゆうブログケロブログdendenden (5)
アボカドとマグロのポキ。
ゆうブログケロブログdendenden (4)
美味い。
ポキはハワイ料理だそう。
アボカドとマグロは鉄板や~。


ここからは妹家族が合流、
子供たちは大はしゃぎなんで、
写真を撮る余裕が無くて、、、

ステーキ、ペスカトーレ、カリフォルニアロール、
ソーセージの盛り合わせ、チーズの盛り合わせ、
パンケーキなどいただきました。

なかなか経験が無いほど高額でしたが、
(好きなだけ飲み食いしてますしね)
たまたま妹家族が遊びにきていて、
一緒に食事することになったんで、
大奮発でした。。。

たまには、特別な日にはいいかもね。
バーニャカウダ美味い。


ではでは。
またね~。
プロフィール

ゆう

Author:ゆう
好き→洋服/眼鏡/鞄/靴/インディアンジュエリー/Chrome Hearts/
SUUNTO▲/中日ドラゴンズ/猫/沖縄/瀬底島/夏/登山/
rockinjapanfes./blog/Instaglam/
Twitter/iPhone/iPad/オリンパスE-P3/ART/植物/ガーデニング/
酒/スイーツ/名古屋めし/麺/肉/
BABYMETAL/BEGIN/bomi/
MEG/MichaelJackson/YUKI/
X JAPAN/たむらぱん/チャラン・ポ・ランタン/銀杏BOYZ/ジブリ/ドラゴンボール/エヴァンゲリオン/ちびまる子ちゃん/きょうの猫村さん/バムケロ/水曜どうでしょう/ 4649(^O^)/

2013.6.18 からのアクセス数 Many thanks!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
8646位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3712位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR